株式会社セイビ埼玉

048-252-2054

女性活躍推進法・次世代育成支援対策推進法に基づく
行動計画

女性活躍推進法に基づく行動計画

社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

  • 1. 計画期間 平成31年4月1日~令和4年3月31日までの 3年間
  • 2. 内容

    目標1:有給休暇の取りやすい環境を整備し、取得日数平均9日(50%)を11日(60%)に増やす

    <対策>
    ●平成31年 4月~ 現場の意見聴取・現状把握、検討開始
    ●令和 元年 9月~ 現場ごとの適正人数の確保、交代要因の拡充・教育
    ●令和 2年 4月~ 利用状況調査及び結果による対応(各年度)

    目標2:妊娠中及び出産後の女性社員の母性健康管理について、就業規則の内容を社内広報誌にて
        社員に配布し、制度の周知を図る

    <対策>
    ●令和元年 7月~ 妊娠中及び出産後に関する就業規則の内容の利用を促すように、分かり易くまとめ社内広報誌に掲載し社員に周知する。
    ●令和2年 1月~ 制度利用に関する事例を社内広報誌で記載するほか、管理職を対象とした研修などによる社員への周知
    ●令和2年 4月~ 制度利用に関する事例を社内広報誌で記載するほか、利用状況の分析及び分析状況による利用しやすさへの対応
       

次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画

社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

  • 1. 計画期間 令和3年4月1日~令和6年3月31日までの 3年間
  • 2. 内容

    目標1:女性管理職候補者の育成

    <対策>  
    ●令和3年 4月~ キャリアプランに関する意識を把握する(定期的に実施)
    ●令和3年10月~ 女性活躍に向けた課題と進捗を各グループリーダーが共有する
    管理職候補へのフォローアップを随時実施

    目標2:所定労働時間を削減するため、ノー残業デーを設定、実施する

    <対策>
    ●令和3年 4月~ 所定外労働の現状を把握
    ●令和3年 8月~ 個人により業務量に偏りがないか見直しを行い、業務の効率化、
    業務量の均衡を図る対策を検討、ノー残業デー実施計画作成
    ●令和3年10月~ ノー残業デー実施について周知、ノー残業デー実施
    ●令和4年 1月~ ノー残業デー取り組み状況について調査、改善点検証
    定期的にノー残業デーを実施